現在位置:トップページの中の細島港

細島港

コンテナ取扱量を着実に伸ばし、外国貿易の拠点港としてますます期待される港。

細島港

細島港の概要
  • 所在地 日向市
  • 港湾区域告示 昭和28年3月
  • 港湾区域面積 1,289ヘクタール
  • 重要港湾指定 昭和26年1月
  • 入港船舶数(平成26年)3,237隻
  • 入港船舶総トン数(平成26年)5,812千トン
  • 貨物取扱量(平成26年)4,408千トン(うち外貨物 2,201千トン)
  • コンテナ取扱量(平成26年)33,075 TEU

細島港は古くから海上交通の要衝として、また、日向延岡地区新産業都市の中核港として重要な役割を果たしてきました。太平洋に直接面する細島港は、日本国内と東アジアをつなぐ航路の経由地になっているため、輸入ではFIRST PORT、輸出ではLAST PORTとして機能する港です。


ページの先頭へ戻る